×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

- 虚像 -



傷ついた翼を大空に高く広げ
風の流れを感じる
飛び立とうと何度だって羽ばたく 
今を強く生きていく 
 

不意に見せた 俯く横顔がぼやけている
このまま耐え絶えに軋む熱に侵されて

揺らいでる

零れ落ちた欠片に映る君の瞳には何が見えた?

革命の刃で嘘に塗れた
幻想を砕く 痛みを残して
巻き戻せない刻の中を駆け巡る
吐息だけが反響(こだま)する



カラカラに乾いた唇に堕ちた雫 
降りしきる雨に打たれながら消えた鼓動

声は届かない
 
壊れていく君の面影がやけに嬉しそうで笑っていた


翳す掌に重なり合う言ノ葉が
交わす命の灯火
かけがえの無い過ぎた日々は色褪せていく
繋いだ手は離れていた



ざわめく喧騒に掻き消された悲しみが 
ひどく胸に突き刺さる
想い出をそっと背負って立ち上がり
君の名を叫ぶ

解き放つ悲鳴がこの苦しみでさえも
捧ぐ形のない愛
醒めない夢の続きには終わりを告げよう  
癒えない寂しさに霞む刹那

Return


copyright © 2011 LighterProject & Lighter-P